This page in English

Games according to level : 幼稚園・保育園 小学校 中学校


教室で使える中学校英語ゲーム

中学校英語の一番人気なゲーム:
(このゲームの例の英語を変えて、現在勉強している英語や文法を使ってください)


ほかの中学校英語のゲーム

印刷できるワードサーチ、クロスワード、ドミノーのページ






読者からのゲーム

このゲームはGenkiEnglishの読者から頂きました。
あなたもいいゲームや教えるアイデアがあれば、ぜひ皆と共有にしてください




More 読者からのゲーム




Even More 読者からのゲーム




単語の復習ゲーム

会話の練習ゲーム 

Misc 



 声が出るページ

フォニックスと『オンラインゲーム』のページもご覧下さい!


中学校英語もたくさん入っていますよ
新発売のUSB版スーパーパック!


電話でも注文ができます:0898-48-0256 (担当:阿部)


高校留学
海外高校体験はいかがですか?




NEW: 不規則動詞のイラスト付き歌もご覧ください!

中学校一年生ならGenkiEnglishの歌はとても効果的です!最初からいい印象を作りましょう。What's your name?How are you?からスタートしましょう!

高校・中学生なら、GenkiEnglishのオンラインゲームはお勧めです。高校の英語を取って、かっこいいヒップホップに歌になりました。


Games

中学校でゲームを使うと、小学校ぐらいの楽しさはできないけど、つまらない文法でも楽しくなります!

このページで中学校の一番ふさわしいゲームを選びました。生徒の機嫌や元気さにもよりますので、いつでも成功するわけではないけど、北海道から沖縄まで、毎日たくさんの中学校の先生はこのゲームを使っていい授業をしていますよ!

ゲームの利点は:

1)やる気を起こさせる。新しい英語を習って、ゲームに勝ちます!
2)友達と本当の英語の練習が出来ます。
3)先生ではなくて、生徒がクラスの中心になります!

もうひとつの理由は:楽しいです!

そして、一番大事な、生徒に教えないといけないことは:

負けるは“負ける”の意味ではありません。 負けるの本当の意味は“もう一回、勝つために頑張るチャンスがある”という意味。       
失敗は成功のもとでしょう!是非、生徒に伝えてください!

このゲームのほとんどに写真やイラストがあります、分かりやすいです!英語のバーションもありますからこれをALTに渡して、一緒にレッスンプランが出来ます。いろいろなヒントのページも見てね



中学校英語のヒント

  • 例文を作るときに有名人を使いましょう
"Ken has a new pen."の様な文書は中学生につまらないでしょう。だから、もう少し楽しくなるために、芸能人の名前を使いましょう。たとえば、"Utada Hikaru has a new CD"。もちろん流行な人が大事です!6ヶ月前に有名なった人は多分今月ださくなったかも知れません!

誰が人気かをどうやって知れますか?

簡単です、生徒の下敷きをよく見ましょう!知らない名前だと、インターネットで探してください。映画、ビデオゲームのキャラクターでも大丈夫でしょう!探すのは時間がかかりますけど、授業中の時間は節約なります!

本当にこのアイデアを使うと授業中に寝ている中学生でも目が覚めますよ。

  • 小学校で何を勉強したを聞きましょう。
村町の場合では、ALTがいれば、小学校で教えていると思います。ALTの大文句の一つは、かれらは小学校でたくさんいい英語を教えて、そして中学校に入ると最初からもう一回始めると子供の興味がなくなります。ぜひ子供は何を勉強したか聞いてください。びっくるすると思いますよ!少ない場合では、挨拶、気分、色、動物、食べ物、数字などをしたことがあります。多い場合、GenkiEnglishのカリキュラムのすべてができた子は一般の会話ができます!やっぱり、この基本があれば、”時間がない”の問題は少し楽になります!

  • 読むのはフォニックスを考えましょう。
フォニックスは難しそうに聞こえますけど、簡単です。”エー”、”ビー”、”シー”の代わりに、英語の文字の読み方の勉強です。一年生からフォニックスを習うと英語を読むのはとても、とても、しやすくなります。ほとんどの教科書に入っていないけど、文部科学省のお勧めの教え方の一つです(確認をしました!)。書店でフォニックスの本いろいろがあって、このホームページでもフォニックスのページがあります。

  • へんな英語を書いている場合。。。
日本の教科書にへんな英語や例文はよくありますね。受験のためにこの英語を教えないといけないけど、生徒やALTは”これがへん!”というとどうすればいいでしょうね?実は僕はいい解説はないですけど、僕は中学校で教えた時に、”これは本物の英語ではないけど、受験で必要ですので、頑張りましょう”といいました!

  • ALTを上手に使いましょう
受験のプレシャーがあって、中学校先生の責任はすごく多いので、いつでも忙しいでしょうね。だから、できるだけ、ALTを上手に使いましょう。ただのテープレコーダーではなくて、授業の1,2週間前にALTにその授業の目的英語を教えたら、ALTはいろいろな活動を考えられると思いますよ。伝えるのは時間がかかりますけど、ALTはアイデアを考えると先生の準備の時間は少なくなるでしょう!"Work hard"ではなくて、"Work smart"ですよね!

  • 質問があれば、僕はいつでもいますよ!
ぜひ、質問、知らないこと、手伝ってほしいことがあれば、僕に聞いてください。すべての中学校英語の問題に答えられませんけど、できるだけで、頑張ります!

日本の英語教育が世界的にトップなものになるために、一緒に、元気よくで、頑張りましょう!

Be genki,

リチャード






このサイトが気に入ったら、ぜひ友達に知らせてね!

限定提供:フェースブックで「いいね!」したら無料で歌をゲットしよう!

 



Copyright (C) 1999/2014 by リチャード・グレアン
www.GenkiEnglish.com

あなたの留学先はどちら?

 

小学校英語 - CDの注文 - 子供英語教材 - 小学校英語教育アドバイス - 小学校英語カリキュラム - ひらがな練習
小学校英語指導案 - GenkiEnglishって何?- 子供英語 -問い合わせ - 英語勉強法 - 幼児英語教材 - フォニックス