This page in English

Doctor Doctor!

もっと素敵なレッスンをして、DoctorDoctor歌の使いましょう!



目的英語: 体の部分
目的学年: 1から6
準備: トイレットペーパーか紙タオル

昔このゲームを聞きましたが自分の授業で使ったことがない。しかしこの間再びセミナーで聞いて、とても楽しいと思いました!

先ずいろいろな体の部分を教える(ホームページにある"Doctor, Doctor!"歌はとてもいい方法です)。"Doctor, my ...... hurts!"(○○がいたい!)の表現を教える。そして。。。

1.子供は二人組みを作る。一人はお医者さん、もう一人は患者さんになる。


2.お医者さんに1メートルぐらいのトイレペーパーを渡す。

3.先生か子供は体の一つの部分を選ぶ。

4.一緒に皆は“Doctor, Doctor my (体の部分) hurts!”。例えば、“Head”「頭」を選ぶ時に“Doctor, Doctor my head hurts”(頭が痛い)と言う。

5.お医者さんはとなりの患者が選んだ体の部分を包む。


6.次にお医者さんは患者になって、患者さんは医者になる。

7.3から繰り返す

一番上手なお医者さんに賞品を渡します。ゲーム時間は10−15分ぐらいで結構です。子供はすごく興味を持って,とてもきれいなデザインを作ります!

"Heads and Shoulders"のもう一つのアイデアは:子供をグループに分けて、グループで他の歌詞を作ります。例えば: "Hand, head, nose and leg" 「手、頭、鼻、足」。そして、グループで発表をします!

他の体の部分の練習ゲームはMonster Drawing Gameです。

"Doctor Doctor"のアイデアはGaryとEdoさんから聞きました。ありがとう!

 



このサイトが気に入ったら、ぜひ友達に知らせてね!

限定提供:フェースブックで「いいね!」したら無料で歌をゲットしよう!

 



Copyright (C) 1999/2014 by リチャード・グレアン
www.GenkiEnglish.com

あなたの留学先はどちら?

 

小学校英語 - CDの注文 - 子供英語教材 - 小学校英語教育アドバイス - 小学校英語カリキュラム - ひらがな練習
小学校英語指導案 - GenkiEnglishって何?- 子供英語 -問い合わせ - 英語勉強法 - 幼児英語教材 - フォニックス