This page in English

教室で、英語使えば、日本語使えば?どちがいい?

よく言われる質問ですね!僕は先生向けの発表をするときに、いつも日本語でします。理由は簡単です、私は先生に教えるときは”英会話”の時間ではなくて、”教え方を伝える”時間です。時間は少ないので、一番効果的なコミュニケーションの方法は日本語です、英語でしたら、教えられることは少なくなります!

子供を教えるときにはちょっと違いますけど、”時間を大事に使う”の気持ちが一番と思います。ですので、毎日少なくても一時間の英語の授業があれば、すべて英語でしていいと思います。
しかし、日本の公立小学校では、日本語は必要と思います!理由は、ゲームなどを説明するときに、先生は英語でするとすごく時間がかかります。でも日本語で説明をすると、説明時間は少なくなって、ゲームで子供が話す時間が長くなります!!もちろん、先生より、子供の話す時間を長くすればいいでしょう!

日本ではまだ、”英語シャワー”を考えている先生もいます。このメソッドでは、先生は英語だけ話します。でも、他の国では、この教え方は”古い”と思っていますよ。ちょっと考えてみましょう、シャワーを週に一回だけにしたら、臭くなるでしょう!!
もちろん、子供に英語を聞く時間は必要、でもこれは教室の外ですればいいです。たとえば掃除の時間でGenkiEnglishの歌をかける、家でもCDを聞く、英語版のテレビを見ればいいです。ですので、教室にいる時間は大事にしましょう、必要なときに日本語を使って、子供にたくさんの英語を話させましょう!

"Use Japanese as little as possible, but as much as you need"







このサイトが気に入ったら、ぜひ友達に知らせてね!

限定提供:フェースブックで「いいね!」したら無料で歌をゲットしよう!

 



Copyright (C) 1999/2014 by リチャード・グレアン
www.GenkiEnglish.com

あなたの留学先はどちら?

 

小学校英語 - CDの注文 - 子供英語教材 - 小学校英語教育アドバイス - 小学校英語カリキュラム - ひらがな練習
小学校英語指導案 - GenkiEnglishって何?- 子供英語 -問い合わせ - 英語勉強法 - 幼児英語教材 - フォニックス