This page in English

Where are you going? どこへ行きますか?

目的英語: どこへ行きますか+ 場所の名前
目的学年: 幼稚園〜中1
歌: "Where are you going?"歌はスーパーパックに入っています
発音ガイド・クイズ: スーパーパックに入っています



絵をクリックして、音が出ますよ!
忙しいあなたの時間を節約するために、印刷・ラミネート済みの絵カードもあります。

旅行で取った写真で簡単に外国の文化を教えることが出来ます。この歌と一緒に使うとマルチメディア環境が出来ます!


スーパーパック
購入すると以下の教材も印刷できます!

大きい絵カード
(これはなに?)


ミニカード
(これはなに?)Where are you going?



レッスンプラン
(これはなに?)


日本語


英語(ALTに)

ドミノ
(これはなに?)




教室のポスター:
プリント 説明

サイコロ
(これはなに?)



スパゲッティ
(これはなに?)



島ゲーム
(これはなに?)



CDオーナーなら以上の絵をクリックすると印刷できます。

Where are you going?
by Richard Graham

Where are you going?
Where are you going?
Where are you going?
Where are you going?

I'm going to the sea
I'm going to the mountains
I'm going to the pool
I'm going to the beach

Where are you going?
Where are you going?
Where are you going?
Where are you going?

I'm going to school
I'm going to the shops
I'm going to the park
I'm going home

Where are you going?
Where are you going?
Where are you going?
Where are you going?

On the CD....

子供を二つのグループに分けます。先生は”I'm going to the sea", そして一つのグループは”Sea"と言って、次のグループは繰り返します!ジェスチャーも使いましょう!




I'm going to the sea



I'm going to the mountains




I'm going to the pool




I'm going to the beach ( build a sandcastle)

Where are you going?
Where are you going?
Where are you going?
Where are you going?




I'm going to school ( writing )




I'm going to the shops ( carrying heavy bags)




I'm going to the park ( on a swing)



I'm going home



And here's a great class of kids doing the song in ブラジル!




And another fantastic set of kids from Italy!







In the classroom or at home ........
教室または家で・・・

この歌の歌詞では海、山、学校、店などが英語で出てきます。外国の学校や店、海など(私は私のスクーバの写真を使います!)の写真を使うと外国の文化を同時に教えることもできます。たとえば、英語で単語を教えて(Home,Beachなど)、そして子供に絵や写真を見せます。外国の写真だったら、子供はいろいろ質問やコメントをしてきますよ!

お勧めゲーム:
Island Hopping - 新聞相撲

ホームページの全ての会話ゲームでいい練習が出来ます。

Or the Leapfrog Game


1.黒板にピクチャー・カードをつける。

2.中央からクラスを2つのグループに分けて下さい。左側半分がひとつのグループ、そして右側半分がもう一方のグループです。左のグループは部屋の左の側面に一列で並びます。右のグループは部屋の右の側面に一列で並びます。

3.それぞれのグループの先頭は前に出てくる。右のグループの人は右から、黒板に書いてある単語を言います。左のグループの人は左から、黒板に書いてある単語を言います。

4.同じものになった時点で、じゃんけんをします。英語でするのがベストですので、GenkiEnglishのRock, Paper, Scissorsの歌の歌を使いましょう!負けた人は自分の席にもどります。負けた人のグループから次の人が黒板に来ます。勝った人はそのまま止まった場所から続けます。

5.教師の”GO!"の合図で、もう一回同じになるまで単語を読みます。

6.4から繰り返す。

7.もし一人が相手側の最初の単語まで行ったら、(例えば、右のグループの人が一番左まで行ったら)、この人のグループの勝ち!



The "Where are you going?" 歌は スーパーパックに入っています!



使っている先生からのコメント
by Yumiko 先生

もう、この歌を聞かれました? 聞いてください。 吹き飛びますよ。 そして、吹き飛んだ後、英語が頭に残っていることに、きっと驚かれると思います。

前の授業で習ったWhere is Baby Monkey?の歌を復習をした後、同じ "Where"を使ったこの歌を教えました。 元気イングリッシュを使い始めて1年ちょっと。 新しい表現を使うことに自信をつけてきた5年生のクラスだったので、この授業も場所を表す単語だけでなく、文として言ってみようとする意欲が見られて、うれしい手ごたえを感じました。 元気イングリッシュの歌とゲームは、楽しみながら子どもたちに自信とやる気を起こさせるように工夫されていて、素晴らしいと思います。 私も毎回、ホームページからアイディアと教える技を教えてもらいながら授業に臨んでいます。

プロジェクターを使って 歌の新しい単語と表現の発音練習をした後、子どもたちと場所を表すジェスチャーを考えました。 これは、子どもたちの興味を引き付けるだけでなく、ジェスチャーを決めている間も何回も英語で発音しているので単語を覚えるのに とても役立ちます。 体全体を使って覚えることは、いいことですね。 それから、音楽無しで歌の練習をしてから、今回は子どもたちにメロディーを想像させてみました。 海辺、山、プール、お店、公園、我が家。。。 どんな曲かな〜? リゾート風のゆっくりした曲かな〜? Creepy Crawliesみたいなのかな〜? などなど話し合いながら、ミュージックスタート! 皆、吹き飛びました。 (担任の先生も!)

2度目に音楽をかけると、もう子どもたちはジェスチャーを付けて大きな声で歌うことができました。(最後の「ワオゥ」も。)できなければ、「大きい声競争」をしようと思っていましたが、このクラスでは必要ありませんでした。

この後、いつもなら Islands Hoppingのようなゲームをするのですが、今回はリチャード先生がワークシートを作ってくださったので、その中からSpaghetti Worksheet(これはなに?)をしました。 1年以上、歌の後は「盛り上がりゲーム」がお決まりだったので、リスニングクイズが初めての子どもたちは、ワークシートと鉛筆を手に、いつもとは違った興味を示しました。 聞くことに集中していました。 結果? 全員パーフェクト! さらに自信をアップすることができました。 答えを皆でチェックすると(例 Mr. Dog is going to the pool. Ms. Cat is going to the shops. など)、さらに3人称での表現までできるようになります。 こういう教材も全部の歌に準備してもらえて、元気イングリッシュは 教える人と学ぶ人の両方のことをよく考えてあると思います。


 



このサイトが気に入ったら、ぜひ友達に知らせてね!

限定提供:フェースブックで「いいね!」したら無料で歌をゲットしよう!

 



Copyright (C) 1999/2014 by リチャード・グレアン
www.GenkiEnglish.com

あなたの留学先はどちら?

 

小学校英語 - CDの注文 - 子供英語教材 - 小学校英語教育アドバイス - 小学校英語カリキュラム - ひらがな練習
小学校英語指導案 - GenkiEnglishって何?- 子供英語 -問い合わせ - 英語勉強法 - 幼児英語教材 - フォニックス


小学校 の 英語 英会話 国際理解教育 の 楽しい ゲーム 歌 &アイデア!