Page in English


インディー・ジョーンズ

学年: 1〜大人
目的英語: フォニックス会話

新しいインディー・ジョーンズの映画がすぐ出ます:『Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull』

皆はわくわくになるので、この楽しさを英語の勉強のために少し盗みましょう!フォニックスや会話として使えます。 



準備

チョークを作って床にいろいろな八角形を書きます。フォニックスの勉強をしたいなら、それぞれの八角形の中にいろいろなアルファベットを書きましょう。会話を練習したいなら、それぞれの八角形の中に色々な絵カードを置きましょう。(テープでちゃんと貼る方がいいかも知れません)。じゃあ、はじめましょう。 





ゲーム
1. 子どもをグループに分ける。

Indiana Jones Hat
2. 最初のチームから最初の子は前に来て、インディー・ジョーンズの帽子をかぶる。 (帽子はトイザラスやアマゾンで買えます。もしくは図工の授業で作れるかな?)

3. フォニックスのゲームなら、先生はひとつの英単語を言う。会話の場合、先生は英語の質問をする。


4. フォニックスの場合、子どもは先生が言った単語の文字を一個ずつ上に跳んで、大きな声で言う。たとえば、h そしてa そしてtにジャンプする。会話の場合、先生が言った質問にあった答えに飛んで、英語で言う。 たとえば、"What's the weather like?"なら、It's rainy、It's cloudyそしてIt's sunnyなどのカードにジャンプする。会話の場合、順番は関係ないですね。

5. ジャンプが正しかったら、先生が授業の前にインターネットから印刷したCrystal Skullを子どもに渡す。

6. 次のチームの人が前に来て、ステップ2から繰り返す。

7. 時間が終わるとCrystal Skullが多いチームが勝つ。

もちろん帽子とCrystal Skullがあるので子どもはこのゲームを何回も、何回もやりたいですね。 

会話の版だと今まで勉強したテーマをたくさん練習ができますね。How did you get here?, What would you like for breakfast?, What can you see?, Where is Mr Monkey?など

もう少しレベルアップなくラスだと、レベルアップな文法にも使えます。 たとえば、先生は"Yesterday I ate some ..."そして子どもは文字をジャンプしながら、好きな食べ物をスペルする。
子どもの足の長さは年によりますので、八角形を書くときに相応しい大きさで書きましょうね。

そしてゲームをする時にインディ・ジョーンズの音楽を忘れないでね!






このサイトが気に入ったら、ぜひ友達に知らせてね!

限定提供:フェースブックで「いいね!」したら無料で歌をゲットしよう!

 



Copyright (C) 1999/2014 by リチャード・グレアン
www.GenkiEnglish.com

あなたの留学先はどちら?

 

小学校英語 - CDの注文 - 子供英語教材 - 小学校英語教育アドバイス - 小学校英語カリキュラム - ひらがな練習
小学校英語指導案 - GenkiEnglishって何?- 子供英語 -問い合わせ - 英語勉強法 - 幼児英語教材 - フォニックス