アルク『子ども英語』雑誌: リチャードの記事
What time is it now?

僕はアルクの月刊『子ども英語』雑誌でCool & Genki Englishの記事を書いています。 英語教室で使う表現を、ネイティブスピーカーの言い方でもっとかっこよくします。 
日本語版は雑誌に入っていますが、このページで毎月英語版を載せます!

What time is it now?

This is perfectly correct English, but it has a very different meaning to what you think it does. "What time is it now?" is only used when you are comparing two times. For example you might say:

"What time is lunch?"
"12:30"
"Oh, what time is it now?"

If you just use it without talking about different times first it sounds very strange. You wouldn't ask "What time is it yesterday?" would you? "What time is it now?" sounds just as strange as that!

So what do you ask if you want to now the time now? Very simple, just leave off the “now”. Or to make it even better, try adding in an “Excuse me” before hand, in English it’s always better to be polite!

“Excuse me, what time is it?


他の記事はここ。

『子ども英語』掲載にあたっては、誌面の都合上、日本語訳後に編集をおこなっています。



このサイトが気に入ったら、ぜひ友達に知らせてね!

限定提供:フェースブックで「いいね!」したら無料で歌をゲットしよう!

 



Copyright (C) 1999/2014 by リチャード・グレアン
www.GenkiEnglish.com

あなたの留学先はどちら?

 

小学校英語 - CDの注文 - 子供英語教材 - 小学校英語教育アドバイス - 小学校英語カリキュラム - ひらがな練習
小学校英語指導案 - GenkiEnglishって何?- 子供英語 -問い合わせ - 英語勉強法 - 幼児英語教材 - フォニックス