This page in English

Mr Bump ゲーム!

学年:小3-6
目的英語: Left, right, forwards, backwards, turn, go
準備: A blind fold, ストップウォッチ


日本の”スイカワリ”のようなゲームです!まず、英語の単語を教えて、(Left,right, forwards, backwards),お勧め方法はGenkiEnglishのLeft and Rightの歌です。

そして、


1.クラスを5、6人づつの組に分けて

2.机を適当にアレンジして(きれいな列だとゲームは簡単すぎ!)


3.じゃんけんで、最初のグループを選ぶ。(ひとグループづつゲームをする)

>

4.一人の子供に目隠しをして、教室のかどに立たせる。3回回して。


5. ストップウォッチをスタートして。

6.チームのほかのメンバーは目隠しされている人に指示を出す。たとえば、Go left, go right, forwards など。目的は黒板に書いているターゲットにタッチすること。


7.黒板のターゲットをタッチしたらストップウォッチを止める。


8.ゲームをつまらなくしないために、タイムリミットを2分間にする、2分すぎたら、このチームはGame Over!

9.次のチームがやる!

10.一番速いチームが勝ち!

チームのメンバーが日本語を使ったら、時間はプラス2秒!自分のチームがゲームをしていない時に、うるさかったら、プラス2秒です!

机をいくつか壁沿いに置いて、そうしないと壁を触りながら目的まで簡単に歩ける!

Left&Rightを教えるときに、先生は子供を見る時に、左右は反対ですね、気をつけて!

もちろん、ゲームをする前に、子供は日本語で”左””右”が分かると確認して!


手ではなくて、ハンマーゲームの空気ハンマーでターゲットを打つのも面白いですよ!

時々子供は机の場所を覚えて、指示を聞かないで直接ターゲットまで歩く。これを防ぐために、子供が目隠しされている間に、机の配置を少し変えよう。

たいてい、子供はもう一回やりたがる。この場合では、二つのタイムを合計するか、一番速い時間を使う。
>
子供が上手になるために、このゲームは二回したらいい。(一回目は失敗するかも知れませんが、大きい声で指示を言うことになれると、すごく楽しめる!)。このゲームがマスターが出来たら、スター・ウォーズ・バトルゲームをやってね!

なぜこのゲームはMr Bumpというの?一回やったら分かるよ!!

Mr Bump Game in Video

このビデオはギリシャの教室の様です。 皆は同時に話しているので、ノイズの中から自分が聞きたいものを聴 くいい練習ですね。 指示を出す人は前の方に来ない様にしたらいいです、そうしないとカンニング (というのは日本語を使う!)が簡単にできます。



 



このサイトが気に入ったら、ぜひ友達に知らせてね!

限定提供:フェースブックで「いいね!」したら無料で歌をゲットしよう!

 



Copyright (C) 1999/2014 by リチャード・グレアン
www.GenkiEnglish.com

あなたの留学先はどちら?

 

小学校英語 - CDの注文 - 子供英語教材 - 小学校英語教育アドバイス - 小学校英語カリキュラム - ひらがな練習
小学校英語指導案 - GenkiEnglishって何?- 子供英語 -問い合わせ - 英語勉強法 - 幼児英語教材 - フォニックス