This page in English

Good Morning! 挨拶のレッスン

目的英語: 挨拶
目的学年: 幼稚園〜中1
この歌はスーパーパックに入っています



中国の子供の様子をご覧ください!

絵をクリックして、音が出ますよ!
忙しいあなたの時間を節約するために、印刷・ラミネート済みの絵カードもあります。


Good Morning!


Good morning,
Good morning.
Good afternoon,
Good afternoon.
Good evening,
Good evening,
Good night!

Hello, hello, hello, hello.
Hello, hello, hello, hello!

Hello, hello, hello, hello.
Hello, hello, hello, hello!

Good morning,
Good morning.
Good afternoon,
Good afternoon.
Good evening,
Good evening,
Good night!

Hello, hello, hello, hello.
Hello, hello, hello, hello!

Hello, hello, hello, hello.
Hello, hello, hello, hello!


スーパーパック
購入すると以下の教材も印刷できます!

大きい絵カード
(これはなに?)


ミニカード
(これはなに?)
Greetings

教室のポスター
(これはなに?)



ワークシート


レッスンプラン
(これはなに?)


日本語


英語(ALTに)

スパゲッティ
(これはなに?)



島ゲーム
(これはなに?)



蛇はしご
(これはなに?)




CDオーナーなら以上の絵をクリックすると印刷できます。

In the classroom or at home ........
教室または家で・・・





"Good night"の時に子どもは床で寝るます!

先生は"Good morning"と言って、子どもは起きたばかりのように背伸びして"Good morning"と言う。



先生は"Good afternoon"と言って、子どもは繰り返す。



"Good night"の時に子どもは床で寝るます!



"hello"のところで子どもはいろいろな人に手を振り、




最後のHelloで両腕を上に強く伸ばします。

Check out the teachers in Tanzania doing the song!


And the teachers in Thailand!




ワークシート:ペアでする時は、一回づつ交代で、サイコロを振り、サイコロにある挨拶を英語で言えれば一点!2分で何点取れるか?で勝敗を決めます。グループの場合は、順番にサイコロを振り、挨拶を英語で言えなければアウトで、最後の人が勝ち。
忘れないで、英語のゲームでは「負ける」の意味は負けるではなくて、「もう一回頑張る、チャンスがある」の意味です!




この教材はもちろん個別に使う事ができますが、一番効果的な使い方はジェスチャーやゲームと一緒に楽しく習う環境を作ることです!



この歌はスーパーパックに入っています

CDの注文はこちら!

 


使っている先生からのコメント
by Yumiko 先生

小学校で英語活動のお手伝いをしていて よく耳にすることの1つが「英語の授業の雰囲気作りが難しい」ということです。 うなづいていらっしゃる方も多いのでは? 元気イングリッシュの歌があれば、もう悩まなくてすみます。 私は1度授業で教えた歌を、今度はウォームアップ用の歌として使っています。 いい復習になるし、「元気イングリッシュだ! がんばるぞ!」の雰囲気になります。 Genki Disco Warm up, Left and Right,  Hello, how are you? , When, When, When? などが私のお気に入りですが、 このGood morningもお勧めです。 

授業ではリチャード先生が言われるとおり まずCDのソフトを使って発音練習をしました。 それから音楽なしで歌の練習をして、自信をもって大きな声が出るようになったら、音楽といっしょにジェスチャー付きで歌いました。 Hello!でジャンプするところが、やはり子どもたちには人気ですね。

ゲームは、スゴロクをしました。
1.黒板に、線を引き(まっすぐよりは、曲がった方が面白いかも。。。) スタートとゴールを書きます。
2.1で引いた線を 20位に適当に区切ります。
3. クラスを3つ位のチームに分けて、チームごとに違う色のマグネットを黒板のスタートのところに置きます。
4.チームの代表がジャンケンをして、サイコロを振る順番を決めます。 
5.黒板に、 1=おはよう、 2=こんにちは、 3=こんばんは、 4=おやすみなさい、 5=やあ!と書くか、
  それぞれの番号にピクチャーカードを貼ります。 6=1回休み にします。 
6.最初の子どもが、大きなサイコロを振ります。 出た目のあいさつを英語で言えたら、自分のチームのマグネットを
  「目」の数だけ進めます。  間違ったり、言えなかったり、6の目が出たら、前に進むことはできません。
7.順番にサイコロを振って同様にし、最初にゴールしたチームの勝ち!

1年生と2年生でしましたが、大興奮でした。 最初は、Good afternoon. とGood evening. とGood night. がごちゃごちゃになって、マグネットを進めることができなかったのですが、しばらくすると完璧に覚えてしまいました。 5の目が出ると、大喜び! 簡単だし、5つも進むことができるのですから! 1回戦が終わると子どもたちから、「次はもっと線を長くして!」のリクエスト。 

これで子どもたちは、この歌を覚えて大好きになりました。 これからも、ウォームアップとして、何度も使っていくつもりです。 




このサイトが気に入ったら、ぜひ友達に知らせてね!

限定提供:フェースブックで「いいね!」したら無料で歌をゲットしよう!

 



Copyright (C) 1999/2014 by リチャード・グレアン
www.GenkiEnglish.com

あなたの留学先はどちら?

 

小学校英語 - CDの注文 - 子供英語教材 - 小学校英語教育アドバイス - 小学校英語カリキュラム - ひらがな練習
小学校英語指導案 - GenkiEnglishって何?- 子供英語 -問い合わせ - 英語勉強法 - 幼児英語教材 - フォニックス